ゼナドリンでダイエットを楽にしよう|基礎代謝を上げます

摂取カロリーを減らすため

飲み物

人間は、食事によってカロリーを摂取し、そのカロリーを使って体を動かしています。手や足の動きはもちろん、脳や胃腸なども全てカロリーによって動いているのです。したがって食事によるカロリー摂取は、生きていく上で必要不可欠と言えます。しかし消費するカロリーよりも摂取するカロリーが多いと、体は太っていきます。逆に言えば、摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくすれば、ダイエット効果が出てくるということです。しかしダイエットのためとはいえ、極端に食事の量を減らすと、ビタミンやミネラルといった、健康に必要となる栄養分の摂取量も少なくなります。つまり、健康状態が保たれにくくなるということです。しかし食事の量を減らした分、青汁を飲めば、摂取カロリーをあまり増やすことなく、ビタミンやミネラルをたっぷりと摂取することができます。

健康維持のためには、1日に350gほど野菜を食べることが必要とされています。そのくらいの量の野菜を食べれば、ビタミンやミネラルを十分に摂取できるからです。そして青汁には、1杯あたりに約200gの野菜のビタミンやミネラルが含まれています。そのため1日に2杯ほど飲めば、しっかりと栄養補給をすることができるのです。また、青汁の摂取カロリーは、1杯あたり約15kcalとなっています。食事による平均摂取カロリーが約600kcalですから、それと比較するとかなり低カロリーですし、2杯飲んでもカロリーオーバーにはなりません。このように、青汁を利用すれば、栄養補給をしながらダイエットができるのです。無理なダイエットによる体調不良を防ぐためにも、多くの人が青汁を活用しています。